【地域の編集者3名募集】佐賀のお山の100のしごと~山暮らしを楽しみながら暮らしとしごとの情報発信をしよう!~

地域最大の空き家・・・それは廃校だ!!

私は普段、三瀬高原の子供たち(主に中学生)に向けて塾や家庭教師といった形で学習支援を行っています。

最初のきっかけは、移住してきてすぐのこと。子供を持っている方々と仲良くなって、お酒飲んだりしながら雑談していた時のことでした。

「子どもが小さいうちは自然も多くてよかけど、学校に行き始めたら塾に送り迎えせんばとがねぇ。。。」

昨今の中学生はほとんどが高校受験のために塾に行っているとのこと。とある調査によると、中学生のうち7割以上が塾に通っているとのデータもありました。山の子供たちも例外ではなく、塾に通うために佐賀市内へ送り迎えをしているご家庭がほとんど、という事実がわかりました。

せっかく山に住んでいるんだから、山にも塾があったらいいのに。。。なければ作ってしまえばいいんじゃない?
そう思い、試しに始めてみた塾が今でも続いています。

今では各地の中学校にお邪魔して、放課後学習や長期休暇中の学習会にもお邪魔するようになりました。そうすると今の学校制度のいい所・今の時代に合っていなさそうな所の両方が気になるようになり、いつかは小さなフリースクールを開けたらいいなと思うようになっています。

そこで俄然気になってくるのが『廃校』です。もし地域に廃校があり、使われていないのであれば、塾やフリースクールとしてお借りできないかなぁと考えているのです。

三瀬高原には1件、廃校となっている小学校があります。10年ほど前に富士町にあった富士小学校が老朽化や耐震工事の問題もあったことで移転が決まり、旧校舎がそのままになっているのです。

この旧校舎は、利活用されることが決まっており近々新しく生まれ変わるようなのですが、『廃校』という響きだけでも何かワクワクしませんか??(←職業病か??)

以前、旧校舎の見学会に参加させていただく機会があったので、皆様にも廃校の魅力が伝わるように、写真をご紹介させていただこうと思います!

校舎全体の外観。ザ・学校って感じですね
運動場は今でも町のお祭りの時に会場や駐車場として使われています。
中に入って最初に出会ったのが図書室でした。
壁にはモザイクアートが貼ったまま
何十年にわたり、いろんな子供たちが歩いたであろう階段
子供たちの教室。床の木目がいい感じ。
廃校の時か、卒業の時か。黒板は当時のまま。
真っ白な中にドアや壁がカラフルなのが目を引きました
職員室
保健室
体育館とプール。噂によるとプールは温泉水を使っていたとか。
屋上から見た景色。古湯温泉街が見渡せます。

どうでしたか?

普段からリノベーションやDIYに興味があるせいなのか、使われていない建物があると、どうにかして活用したいなと思うようになりました。

私もいつかは建物をリノベーションして、今の時代ならではの学校を創っていけたらいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA